スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアガラスの修理

20140713

少し前の出来事ですが、立町にある古道具屋紫山さんからドアガラスの修理のご相談をお受けしました。shizan.jpg
強風の日に勢い良く扉が開いたときの衝撃でモールガラスに大きなヒビが入ってしまったそうです。
モールガラスをサイズに合うように切って入れ直す事もできたのですが、割れたガラスも活かしたいということで、ドアのモールガラスを外し、お手持ちのダイヤガラスをお預かりしてシンプルなモザイク調のパネルに仕上げました。
shizan2.jpg
なんと!お預かりしたダイヤガラスの中には、凹凸が深い「オニダイヤ」が!!!
良く目にするダイヤガラスは凹凸が浅く、ダイヤガラスはもともと輸入品種でしたが、1935年から国産化され、ガラス製造の技術が進み1952年に凹凸が浅いダイアガラスに品種改良されたそうです。なので国産化された初期(戦前)のものか、輸入のものかはわかりませんが、とにかく古いものです。
パネルの下部のダイヤガラスがオニです。ぜひ他のダイヤと触り比べてみて下さいね♪

プロフィール

stained glass Ginga

Author:stained glass Ginga
★ginga ホームページはこちら★

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Web page translation
検索フォーム
QRコード
QRコード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。